プロフィール
 自然の断片や風景のもつ表情を撮りたいなあとカメラ散歩。
写真を見ながらの寝酒でいつのまにか夢の国へ。

コメントが継続の力です。

カメラはD7000でマクロ多用。 たまにスマホ写真も。

kazebyu

Author:kazebyu
 FUJIPETというすてきなカメラがありました。
引っ越し片付けでこんなバッジがでてきた。紅顔の少年時代を思い出す厚顔の今の私。あのカメラ捨てなきゃよかったなあ。

最近の記事
カレンダー

04 ≪ 2017/05 ≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
コメント
感想をお待ちしています。
リンク大歓迎!です。
カテゴリー
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
西国三十三所巡拝結願

2年余前に和歌山・那智山青岸渡寺から始めた西国33所巡拝.
さる7月にようやく岐阜・谷汲山華厳寺で結願ということになりました.
信仰心のない私の、ほぼ横着な御朱印、いやスタンプラリーの車旅でした.
「昔の人は偉かった!」が感想です.

谷汲山

どうも時期外れですが、記録としてアップします.
(上左写真は近くの両界山横蔵寺にて、他は華厳寺)


西国三十三所 | 2016/10/06(木) 20:33 | |
播州・清水寺でもコケを・・・
続々々)
天気がよかったこの日。
のんびりと出発したのですでに夕刻近くで少し寒く感じる清水寺。

急ぎ足でのお参りですが静かな佇まいがいいなあ。

ここでもコケが美しい風景を作ってます。
名前は・・・よく見かける苔ですがさて???また調べましょう。
播州清水寺

播州清水寺

西国25番札所・御嶽山清水寺。
さて次は・・・番外の花山院のつもりでしたが
納経時間切れで残念ながらまたの機会に。
横着せずもっと早起きして出かけないとダメですね。

西国三十三所 | 2015/03/15(日) 15:38 | | Comments:(12)
苔がかわいかった一乗寺
一走りで播州・一乗寺。
まん丸い胞子をつけたコケを見つけた。
名前は・・・タマゴケ?、よく知らないのですが可愛いね。
苔_一乗寺

食べてみたくなりそうです。
苔_一乗寺

境内で小さな石仏に・・・。
苔_一乗寺


苔_一乗寺


苔_一乗寺

コケ類をしっかり見ると面白いものです。
ほとんど知識がないのでちょっと調べてみようかと思ってます。

西国二十六番 法華山一乗寺。
御朱印もいただいたので、さて、次は清水寺へG0! まったく、忙しい旅だ。
西国三十三所 | 2015/03/15(日) 12:56 | Trackback:(0) |
スミレモを書寫山圓教寺で知った。

相変わらず信仰心欠如の巡拝もどきの
27番圓教寺の開山堂の軒下の四方に力士像。伝・左甚五郎作。
江戸時代からずーっとヨイショ、誰か代わってよ、と言いたくならないかな?
書寫山

で、このオレンジ系の苔は・・・苔じゃなく緑藻類の「スミレモ」とか。
名前に惹かれて撮ってみましたがスミレ臭?はしませんね。
書寫山

仲間は青海苔、漢字で書いたほうがわかりやすい。
コンクリートや樹木の幹といった乾燥したところに・・・、おっと、受け売り。
書寫山

こんな何気ない風景もお寺っぽくて?好きだなあ。
書寫山

さて、次はちょっと大阪側に戻って、一乗寺へ。
今日は4個所の予定の「ピューと日帰り33所巡拝」。

西国三十三所 | 2015/03/11(水) 00:08 | Trackback:(0) | Comments:(4)
カメラを持って冬の西国三十三所。
昨年思いついて始めた西国三十三所巡拝。

ちょっと気温が高めだった日に「行くぞっ!」とドライブ。
今年はじめは洛西の二十番善峯寺から。
やっぱり冬、植物達はまだまだでしたがソシンロウバイが鮮やかでした。
善峯寺

続いて亀岡、二十一番穴太寺へ。
ここでも花は、、、、、濃赤色のツバキが冬の彩り。
穴太寺

おしまいは箕面の勝尾寺、二十三番。
色々樹木が有りますが、またもやソシンロウバイの黄色がめだちました。
シャクナゲもまだまだ蕾み固しだが、
たくさんのおみくじダルマさんが境内あちこちにいっぱいあって花盛り状態。
なかには孤高の座禅ダルマが精神統一。見習わなくてはね。
勝尾寺

33所巡拝をカテゴリに加えました。
いろいろ雑多な写真ですのでなんのこっちゃという感じですね、と反省。

西国三十三所 | 2015/02/13(金) 23:10 | |
奈良雑写
西国三十三所。
なんとなく春から33所巡拝をはじめている。
この日は第9番札所、奈良・興福寺・南円堂。不空羂索観音。

まったくといっていいほど仏教いや宗教に関する知識なし。
回ってるうちに1つ2つなにか知ることができるでしょう。

で、秋の半日奈良町散歩。雑写真集。

奈良

奈良町界隈で今まで入らなかった志賀直哉旧邸。
ご本人が設計とかですが、なかなか面白く見学。
こんな家に住んでたら小説書けそう・・・そんなわけないか。
でもいい家だぁ。(写真なしですみません。そのうち。)
西国三十三所 | 2014/10/27(月) 21:15 | |
はじめてのオオハンゲに醍醐寺で出会った。

オオハンゲ
オオハンゲ

マムシグサににているのが名前が???。
調べたらどうもオオハンゲのようです。
マムシ・・・と同じサトイモ科だが、テンナンショウ属とは別のハンゲ属。
長く伸びた付属体がウラシマソウみたいに思わせるがこれも☓。

カラスビシャク(半夏)の大型版という感じでオオハンゲというそうな。
オオハンゲ

それにしても面白い形だねぇ。
オオハンゲ

この3裂した葉っぱがオオハンゲ。
オオハンゲ

実?花?
オオハンゲ

はじめての出会い。やっしい感じもします。
オオハンゲ


6/中、醍醐寺・上醍醐;西国三十三所第11番札所へ。
先年准胝堂が焼失したため、今は下の醍醐寺で御朱印を受けるが、
本来はさらに「登山」一時間の上醍醐だった。
挑戦!上醍醐!・・・う~疲れた。
が、オオハンゲに出会ってラッキー。

西国三十三所 | 2014/09/23(火) 23:13 | Trackback:(0) | Comments:(6)
次へ